救護者保護

救護者保護

運転手の義務

自動車の運転手としてハンドルを握っているのであれば、事故に遭う可能性はかなりあります。
それが単に物が壊れるだけの被害で済む「物損事故」であれば良いのですが、怪我人が出てしまう「人身事故」になってしまうことも十分あるということを、運転手は自覚しておく必要があります。
最悪のケースでは、相手の生命を奪ってしまう重大事故にもなり得ます。
そのような不測の事態のために、「任意保険」への加入は、必ずと言っても良いほど必要ではないでしょうか。

 

もし交通事故に遭ってしまい、怪我人が出てしまったら、その人を助けることが何よりも優先されます。
「救護者保護」という義務が、運転手にはあるということを覚えておきましょう。
怪我人が出てしまうと、運転手は動揺してしまうでしょうが、ここは落ち着いて対応する必要があります。
怪我の度合いにもよりますが、救急車の要請が必要となるケースも多いです。その場合は、速やかに119番に電話をかけ、救急車の要請をしましょう。
場合によっては、近くに居る人に応援を頼むのも良いと思います。

 

軽微な怪我だったとしても、後に症状が出てくる可能性もありますので、事故の処理後には、医者の診察を受けるようにすることが大切です。
運転手自身が怪我を負っていることもあるでしょうから、自ら各所への連絡が出来ない場合は、周囲の人に助けを求めましょう。

 

救急車の要請のあとに、警察への連絡も行います。
現場では警察官の指示に従い行動しましょう。
加入している損害保険会社にも、事故に遭った旨の第壱報の連絡を入れておく必要があります。


救護者保護関連ページ

自動車保険利用の流れ
もし事故に遭った場合、先ずは怪我人がいる場合救護することが優先になります。それから警察や保険会社に連絡しましょう。
警察への届出
事故に遭ったら事故の大小にかかわらず、警察に連絡しなければなりません。保険を適用する場合は警察の書類が必要になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ