警察への届出

警察への届出

事故が起きたら

自動車を運転していて、遭いたくないものに、事故と故障があります。
故障に関しては、普段からの整備や消耗部品の定期的な交換である程度未然に防げますが、事故だけは避けたくても避けられない時もあります。
もちろん運転のやり方で、その確立を下げることは可能ですが、0パーセントには出来ないものが事故です。
その時のために、私たちは「任意保険」に加入している必要があるのです。

 

事故に遭ってしまい、自動車保険の「任意保険」を使おうと思った場合、どうしても必要なステップがあります。
それは「警察に届ける」事です。
もちろん「任意保険」の加入の有無に関わらず、警察に届けなければならないのですが、「任意保険」を利用するには、警察からの書類が必要になるのです。
その書類は「事故証明」と呼称されています。

 

事故が起きてしまったら、怪我人がいた場合には、速やかに救護し救急に連絡します。
その後警察に連絡をし、現場に来てもらいます。
警察官は現場の状況を調べ、すべてを調書に記します。
「任意保険」の申請に、この時の現場の調書を基にした、「事故証明」を警察で発行してもらう必要があります。

 

事故証明は、個人でも取れますし、保険会社が代行して取る事も可能です。
この事故証明を使って保険会社は、事故の相手方との「過失割合」というものを決めていきます。
この「過失割合」は、保険会社が過去の膨大な事故のデータと照らし合わせ、似たようなケースから、どちらがどのくらい悪かったという判断をパーセンテージで割り出します。
この割合に従って保険金が支払われることになります。


警察への届出関連ページ

自動車保険利用の流れ
もし事故に遭った場合、先ずは怪我人がいる場合救護することが優先になります。それから警察や保険会社に連絡しましょう。
救護者保護
救護者保護とは、運転手は事故に遭ったら怪我人を保護する義務があります。動揺しないで、落ち着いて行動しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ