自動車保険 流れ

自動車保険利用の流れ

イザというときのために

自動車の「任意保険」は、入っていなければ安心して車を運転することが出来ません。
事故に遭いたい人など誰も居ませんが、いつ遭遇してしまうか解からないのも事故で、被害者にもなるし、加害者にもなってしまうこともあるのです。そのような時のために、「任意保険」だけは加入しておくべきです。

 

不幸にして事故に遭ってしまったら、加入している「任意保険」を利用することが多いでしょう。

 

その大まかな流れを記して見ます。

 

 

まず、事故に遭ってしまったら、それが被害者であろうが加害者であろうが、その場で対応しなければならないことがあります。
怪我人が居る場合、その人の救護が第一となります。
容態を確認し、必要であれば救急車の出動要請をします。
怪我人の救護は、道路交通法でも定められている運転手の義務です。

 

それから警察に連絡をします。
怪我人がいなければ、まずは警察に連絡する形になります。
そして、なるべく現場の状況を保存しなければなりませんが、通行の妨げになっている場合は、通過できる程度に動かす必要もあるでしょう。
携帯電話のカメラ機能などを使って、現場の写真を保存してから動かすのも良い方法と思います。

 

そして保険会社に連絡をします。
多くの損害保険会社では、二十四時間体制の緊急連絡先を用意していますので、夜中でもその場で連絡しておきましょう。
現場では、警察官の指示に従うことが良いと思います。
自動車の破損がひどく、運転できない状況であれば、保険会社を通じてレッカー車の手配なども出来ます。
事故に遭ってしまうと、気が動転してしまいますが、落ち着いて対応することが大切です。


自動車保険利用の流れ関連ページ

救護者保護
救護者保護とは、運転手は事故に遭ったら怪我人を保護する義務があります。動揺しないで、落ち着いて行動しましょう。
警察への届出
事故に遭ったら事故の大小にかかわらず、警察に連絡しなければなりません。保険を適用する場合は警察の書類が必要になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ