本人限定

本人限定

本人限定だと保険料が安くなるの?

自動車というのは、乗る人が少なければ少ないほど事故を起こす可能性は低くなります。
家族だけその車に乗るという場合には家族限定で保険料を安くできますが、家族はいない、もしくは自分以外は運転しないというのであれば、実質的には家族限定にしても自分しか乗らないという事になります。

 

そういう人は本人限定にすると、さらに保険料を安くすることができます。

 

 

 

当然なのですが、本人以外の人が乗っていて事故を起こしたという場合には、例え家族でも補償されませんので注意が必要です。
契約者本人が助手席に乗っていて、妻が運転していたという場合も当然補償されないのです。
よく、これまでは自分一人しか乗らないために本人限定にしていたが、結婚して配偶者も乗るようになったというケースもあります。
その際に妻が事故を起こしてしまうと当然補償されません。

 

結婚した場合には、まだ保険の更新の時期にならなくても保険会社に連絡を入れ、『本人限定』を解除してもらい、『家族限定』に登録し直すことが大切です。
それにより保険料の支払いがあると思います。

 

また保険会社にもよりますが、『夫婦限定』というプランもあります。
夫婦しか乗らないという場合には、そちらにしてもいいでしょう。
本人限定よりは保険料が高くなりますが、家族限定よりは安く済みます。
また、もう少しで自動車保険の更新の時期が来るという場合には、『本人限定』のままで、更新の際に契約し直すという事でもいいでしょう。
ですが、その際には、更新するまで絶対に自分以外には乗せないという事も重要です。

 

 

>>自動車保険一括見積もりするならこちら


本人限定関連ページ

年齢制限
車の保険料は年齢が若いほど掛け金が高くなります。年齢制限することによって保険料が安くなる場合があります。
ゴールド免許について
運転免許証がゴールドだと保険料が割引きになることが多いです。ただし、ゴールド免許になったからといって保険会社から連絡があるわけではないので、自分でお得な保険会社を見つけなければなりません。
保険を利用しない
事故を起こした時に保険を利用すると保険料が高くなる場合があるので、事故の状況によって保険を利用しない方がお得な場合があります。
家族限定
契約者以外にも家族が運転して事故を起こしたときに家族限定に限った保険だと安くなります。
エコカーで自動車保険料をお安く
エコカーをお乗りでしたら、保険料が安くなる場合があります。
年間走行距離によって保険料が違います
普段からあまり車に乗らない人は保険料が安くなります。走行距離によって保険料が変わってくるのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ