走行距離 保険料

年間走行距離によって保険料が違います

走行距離によって保険料が違うの?

どういった場合に事故が起こりやすいか、というと、やはり車に多く乗るという人はあまり乗らない人よりも事故を起こす危険性は増えていきます。
たとえ自分は安全運転をしているといっても、急な飛び出しなどがあれば、事故を起こしてしまいます。

 

相手が車ではなく人だった場合、いくら安全に運転していたと言っても実際は過失は車の方にあるとされます。
そのため走行距離が多い人はリスクは高くなるのです。

 

 

保険会社によっては、あまり運転をしない人に対して保険料の割引をおこなっているところもあります。
その割引率は保険会社によっても違いますが、あまり走行しない人の場合、自動車保険の30%以上も割引きとなるケースがあるようです。
だいたい、年間10,000km以下くらいであれば割引の対象になるようです。
また保険会社によっては16,000km以下であれば割引の対象になるというところもあります。

 

もし、自動車保険に加入しているけど、ほとんど乗る機会が少ないという人は、そういった年間走行距離で割引きのある保険会社と契約することで年間の保険料を安くすることができますし、同じ保険料で他の補償を厚くする事も出来ます。

 

また年間走行距離の割引はなくても使用用途によって区分出来る保険会社はあります。
ほとんど仕事でしか使わないというのであれば、仕事のみ、通勤しか乗らない人は通勤というように区分して加入できます。
その場合、使用目的と違うケースで事故を起こした場合には補償の対象にならないケースもあるので注意が必要です。


年間走行距離によって保険料が違います関連ページ

年齢制限
車の保険料は年齢が若いほど掛け金が高くなります。年齢制限することによって保険料が安くなる場合があります。
ゴールド免許について
運転免許証がゴールドだと保険料が割引きになることが多いです。ただし、ゴールド免許になったからといって保険会社から連絡があるわけではないので、自分でお得な保険会社を見つけなければなりません。
保険を利用しない
事故を起こした時に保険を利用すると保険料が高くなる場合があるので、事故の状況によって保険を利用しない方がお得な場合があります。
家族限定
契約者以外にも家族が運転して事故を起こしたときに家族限定に限った保険だと安くなります。
本人限定
自分一人しか運転しないのであれば本人限定の自動車保険ならば安くなります。
エコカーで自動車保険料をお安く
エコカーをお乗りでしたら、保険料が安くなる場合があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ