年齢制限

年齢制限

年齢制限

車の保険料は、補償される金額などでも違うのですが、同じ保障内容で安くする方法もあります。
その一つが年齢制限をする事です。一般的に、生命保険料というのは、加入時の年齢が上がるにつれ、高くなっていきます。
それは年をとるごとに年々病気になる確率や亡くなる確率が高くなる為です。

 

一方、自動車保険は、というと逆の事が言えます。
年齢が若いほど運転経験が浅く、事故を起こす確率が高いのです。

 

40代に比べ、20代のドライバーが事故を起こす確率は2倍にも上るという統計結果も出ているのです。
それに従い、自動車保険も若いほど保険料が高くなる傾向にあるのです。
とはいっても、その年齢区分は年齢ごとというわけではなく、35歳以上は同じになります。
その区分は、35歳未満不担保、30歳未満不担保、26歳未満不担保、21歳未満不担保、全年齢担保に分けられます。

 

もっとも保険料が高いのが全年齢担保です。
この場合、この車に誰が乗って運転をして事故を起こしても、補償されるというものです。
一番安いのが35歳未満不担保で、35歳未満の人が運転していて事故を起こした場合、補償されないということです。

 

家族がすべて35歳以上である場合、もしくはいても乗らないという場合には全年齢担保にする必要が無く、保険料を安くすることができます。
もし、自分の子供が18歳になり、運転免許を取得した場合には、35歳未満不担保のままだと、万が一その子供がこの車を運転して事故を起こした場合には補償されないのです。
もし若い人が乗ることがある場合には、年齢制限を変更した方がいいです。


年齢制限関連ページ

ゴールド免許について
運転免許証がゴールドだと保険料が割引きになることが多いです。ただし、ゴールド免許になったからといって保険会社から連絡があるわけではないので、自分でお得な保険会社を見つけなければなりません。
保険を利用しない
事故を起こした時に保険を利用すると保険料が高くなる場合があるので、事故の状況によって保険を利用しない方がお得な場合があります。
家族限定
契約者以外にも家族が運転して事故を起こしたときに家族限定に限った保険だと安くなります。
本人限定
自分一人しか運転しないのであれば本人限定の自動車保険ならば安くなります。
エコカーで自動車保険料をお安く
エコカーをお乗りでしたら、保険料が安くなる場合があります。
年間走行距離によって保険料が違います
普段からあまり車に乗らない人は保険料が安くなります。走行距離によって保険料が変わってくるのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ