保険を利用しない

保険を利用しない

保険を利用しない方がいいの?

交通事故を起こし、その賠償金として保険料を支払ってもらうというのが自動車保険の本来の姿です。
実際、事故を起こす確率の低い、ゴールド免許や運転歴の長い人は、保険料が安くなります。

 

それと同じように、事故を起こさなければ保険を利用する必要が無いので、保険を利用しないと保険料が安くなることがあります。

 

自動車保険というのは、等級によって保険料が変わってきます。

 

 

1等級から20等級まであり、20等級に近くなればなるほど、割引率が高くなり、結果的に保険料が安くなっていく仕組みなのです。
初めて自動車保険に加入するという場合、まず6等級からスタートになります。
6等級からでも保険料は10%割引きになります。

 

例えば50,000円の保険に加入した場合には、最初は45,000円の保険料になります。
この等級は毎年1等級ランクアップしていきます。
新契約した場合は1年後には7等級になり20%割引きで保険料は40,000円に、2年後は8等級30%割引きで保険料は35,000円になるのです。
その後、9等級で35%、10等級で40%、11等級で45%、12〜13等級で50%、14〜15等級で55%、16〜20等級までは60%割引きになります。
ただ、これは保険を利用しなかった場合で、事故を起こし保険を利用した場合には一気に3等級下がってしまうのです。

 

5等級は6等級と同じ10%割引き、4等級まで下がると割引はなくなります。
また3等級で20%、2等級で30%、1等級では60%も割増しになるのです。
ということは、1等級と20等級の差は、保険料50,000円とした場合60,000円も保険料が変わってくるのです。

 

もし、大したことが無い場合には、無理に保険を使わずに、自費で支払った方がいいでしょう。
例えば、10等級の人が保険を使った場合、翌年の保険料は3等級下がりますから20%割引きの40,000円になります。
一方保険を使わなければ、逆に1等級上がりますから11等級で27,500円、1年だけで12,500円も変わります。
それは毎年4等級も差があり、同じ保険料になるまでは10年もかかるというわけです。
例えば10年間保険を使用しなかった場合、総支払額は222,500円ですが、1度だけ保険を利用すると10年間での保険料は280,000円にもなります。
実にその差は57,500円にもなるのです。そのため5万円以下の補償を利用すると逆に保険を使わない方がいいのです。


保険を利用しない関連ページ

年齢制限
車の保険料は年齢が若いほど掛け金が高くなります。年齢制限することによって保険料が安くなる場合があります。
ゴールド免許について
運転免許証がゴールドだと保険料が割引きになることが多いです。ただし、ゴールド免許になったからといって保険会社から連絡があるわけではないので、自分でお得な保険会社を見つけなければなりません。
家族限定
契約者以外にも家族が運転して事故を起こしたときに家族限定に限った保険だと安くなります。
本人限定
自分一人しか運転しないのであれば本人限定の自動車保険ならば安くなります。
エコカーで自動車保険料をお安く
エコカーをお乗りでしたら、保険料が安くなる場合があります。
年間走行距離によって保険料が違います
普段からあまり車に乗らない人は保険料が安くなります。走行距離によって保険料が変わってくるのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ