自賠責保険

自賠責保険とは

自賠責保険とは

車を運転していて、万が一他人を死傷させてしまったという場合に、保険に入っていなければ、その方への入院費・治療費・慰謝料などの賠償金を支払うことができないでしょう。
そのために保険に加入しておくことが大切です。
車の保険には、大きく分けて自賠責保険と任意保険の2種類があります。

 

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)というのは、公道を走るすべての車両(自動車やバイクなど)に対して国で加入が義務づけられている保険になります。
そのため、車を運転している人は誰もが加入している保険になります。

 

 

よく「車の保険に入っている、入っていない」などの話題になる場合、この自賠責保険のことではなく任意保険のことを言うことがほとんどです。
また、加入した覚えがないという人もいるかもしれませんが、この自賠責保険は、車検の際に一緒に加入しますから、車検のない250cc以下のバイク以外は、車検を忘れなければ加入しています。

 

自賠責保険の補償内容としては、補償限度額が定められており、他人に怪我をさせてしまったという場合には、慰謝料や治療費、休業損害などを合わせて被害者1人につき120万円、後遺症が残る怪我の場合、被害者一人につき32〜4,000万円、死亡の場合には1人につき3,000万円までが上限となっているのです。
これに加入しているのだからいいだろうと思うかもしれませんが、ほとんどの場合、この金額では足らないことのほうが多いです。
例えば相手を死亡させてしまい、その被害者が子供や扶養しなければいけない家族がいる場合です。
残された家族は悲しみだけでなく、経済的に大黒柱を失うことになります。
一時的な葬儀費用だけでなく、これからの子供の養育費や生活費などを考えると、とても3,000万円では賠償しきれるものではありません。
「支払えないのでごめんなさい」では済まされないのです。
もちろん訴えられれば、ほとんど敗訴しますから、どうしても支払わなければいけなくなります。
そうなると自分だけでなく家族、親族にも多大な迷惑をかけることになるのです。
そうならないためにも、自賠責保険で補えない分は任意保険に加入するといいのです。


自賠責保険とは関連ページ

任意保険とは
任意保険の特徴や内容についてまとめていますので参考にしてみてください。
対人事故の対応の慰謝料について
自動車を運転していて、対人事故を起こした場合の保険について解説しています。
車保険 対物事故の補償金
事故を起こしたときに、相手が対物の場合の補償金などについて解説しています。
人身傷害保険の賠償金
人身事故に適用される人身傷害保険の賠償金について紹介しています。
無保険車に事故を起こされたら無保険車傷害保険がおすめです。
無保険車に事故を起こされた場合には、無保険車傷害保険に加入していれば保険がおります。
同乗者に支払われる搭乗者傷害保険について
事故を起こしたときに同乗者に支払われる搭乗者障害保険について解説しています。
車両保険なら盗難や当て逃げされても保証されます
事故は相手を傷つけるだけでなく、自分の車も傷を付けてしまいます。そんな時車両保険に入っていれば補償金が支払われます。
自分のための自損事故傷害保険
自動車保険は相手に保証するためではなく、自分のための自損事故障害保険なら自分に保証されます。
ロードサービス
最近の自動車保険には、故障やバッテリーが上がったときなどに、現場にかけつけてくれるロードサービスが付いていることが多いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ