人身傷害保険

人身傷害保険の賠償金

人身傷害保険の賠償金

交通事故となると、ほとんどの場合人が絡んでくることが多いです。
自賠責保険でも事故により相手に怪我を負わせてしまったということになると、保険金が支払われます。
ですが、これでは到底賄えないケースも多く、そういう場合には任意保険が必要になります。

 

人に対しての任意保険には対人保険というのがありますが、これはすべての人に対してというわけではありません。
あくまで相手に対しての補償になります。
当然自分がけがをした場合など、補償されないのです。

 

もちろん過失が100%向こうにあるという場合には、相手の保険から補てんされますが、例えば過失が50%という場合には、かかった費用の半分しか相手から保障されないのです。
ですが、人身保険はそういう場合でも100%賠償金がもらえるのです。
そういう時に対しての保険が、人身傷害保険になります。

 

 

人身傷害保険は、交通事故での自分の車にかかわるすべての人の怪我に対して補償される保険になります。
その怪我の程度は問わず保障されます。
自分の車にかかわるということですから、自分はもちろんのこと、助手席や後部座席に乗っている家族や友人がけがをしてしまった時にも、また車と車の事故の場合、相手の車の運転手だけでなく同乗者の怪我に対しても保障されます。
通常、相手がある交通事故の場合、示談が成立しないと賠償金を受け取ることができないのですが、人身傷害保険は示談の有無にかかわらず保険金を受け取ることができるのです。
また、たとえ、相手がいない単独事故の場合でも、自分のケガに対して保険金を受け取ることができるのです。


人身傷害保険の賠償金関連ページ

自賠責保険とは
自賠責保険について分かりやすく解説しています。
任意保険とは
任意保険の特徴や内容についてまとめていますので参考にしてみてください。
対人事故の対応の慰謝料について
自動車を運転していて、対人事故を起こした場合の保険について解説しています。
車保険 対物事故の補償金
事故を起こしたときに、相手が対物の場合の補償金などについて解説しています。
無保険車に事故を起こされたら無保険車傷害保険がおすめです。
無保険車に事故を起こされた場合には、無保険車傷害保険に加入していれば保険がおります。
同乗者に支払われる搭乗者傷害保険について
事故を起こしたときに同乗者に支払われる搭乗者障害保険について解説しています。
車両保険なら盗難や当て逃げされても保証されます
事故は相手を傷つけるだけでなく、自分の車も傷を付けてしまいます。そんな時車両保険に入っていれば補償金が支払われます。
自分のための自損事故傷害保険
自動車保険は相手に保証するためではなく、自分のための自損事故障害保険なら自分に保証されます。
ロードサービス
最近の自動車保険には、故障やバッテリーが上がったときなどに、現場にかけつけてくれるロードサービスが付いていることが多いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ