車両保険

車両保険なら盗難や当て逃げされても保証されます

車両保険なら盗難や当て逃げされても保証されます

いろいろな任意保険がありますが、いくら対人、対物などにしっかり加入していたとしても、それらは自分の車に対しての保険ではありません。
事故を起こすという場合、自損事故や相手の車、歩行者などいろいろなケースがあるのですが、間違いなく自分の車は傷つけてしまう事になるでしょう。
もちろん過失が100%相手にあるという場合には、自分の車の修理費など支払ってもらえます。
ですが、自損事故の場合には、当然どこからも補償されません。
そういった場合に補償されるのが車両保険です。

 

車両保険が対象になるのは、自損事故だけでなく、相手に当て逃げをされてしまい、加害者がわからないという場合にも請求先がありませんから、車両保険で補償出来ます。
また、駐車場で傷つけられたという場合にも補償されますし、盗難にあったという場合にも補償されるのです。
ただ、車両保険には上限があり、かければかけるほど支払われる保険料が多くなるというわけではないのです。
例えば、10万円で購入した中古車にたくさんの保険に加入し、廃車になったからといって100万円補償されるかというとそうではありません。
基本はその車の価値で算出されます。
10万円で購入したなら、10万円以下の価値しかないのです。

 

また、どんな修理費用も上限以内なら支払われるのですが、一度車両保険を利用すると、3等級下がってしまうのです。
等級が下がるとそれだけ毎年の保険料も高くなります。
そのため2〜3万円程度の修理に使用すると、結果的に保険料が高くなるので、支給される補償金よりもトータル的に高くなってしまう事があるのです。
利用する際には、そういう点を確認してみることです。


車両保険なら盗難や当て逃げされても保証されます関連ページ

自賠責保険とは
自賠責保険について分かりやすく解説しています。
任意保険とは
任意保険の特徴や内容についてまとめていますので参考にしてみてください。
対人事故の対応の慰謝料について
自動車を運転していて、対人事故を起こした場合の保険について解説しています。
車保険 対物事故の補償金
事故を起こしたときに、相手が対物の場合の補償金などについて解説しています。
人身傷害保険の賠償金
人身事故に適用される人身傷害保険の賠償金について紹介しています。
無保険車に事故を起こされたら無保険車傷害保険がおすめです。
無保険車に事故を起こされた場合には、無保険車傷害保険に加入していれば保険がおります。
同乗者に支払われる搭乗者傷害保険について
事故を起こしたときに同乗者に支払われる搭乗者障害保険について解説しています。
自分のための自損事故傷害保険
自動車保険は相手に保証するためではなく、自分のための自損事故障害保険なら自分に保証されます。
ロードサービス
最近の自動車保険には、故障やバッテリーが上がったときなどに、現場にかけつけてくれるロードサービスが付いていることが多いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ