自損事故傷害保険

自分のための自損事故傷害保険

自分のための自損事故傷害保険

交通事故というのは、何も相手の車、歩行者など相手がいる場合だけとは限りません。
不注意で壁やガードレールに激突してしまったという場合もあります。

 

同乗者がいる場合には、最低でも同乗者は自賠責保険からも補償されるのですが、運転手(本人)には一切補償されません。
そういった場合に対して補償するのが自損事故傷害保険です。

 

 

 

自損事故傷害保険は、亡くなってしまった場合に1,500万円、後遺障害が残ってしまった場合には50〜1,500万円、怪我の治療の場合、上限が100万円となりますが、通院で1日当たり4,000円、入院となった場合には1日当たり6,000円支払われるのです。
もちろんこれで十分というわけではありませんがないよりはましでしょう。
一般的に、自損事故傷害保険は対人賠償保険とセットになっているケースも多いので、これだけ加入するという事はないでしょう。

 

また、自損事故傷害保険の対象になるのは、相手がいない場合だけでなく、過失が100%自分にあるという時にも適応されます。
例えば、停車していた車に不注意で追突してしまった、センターラインをはみ出してしまって対向車とぶつかったという場合にも対象になります。
ただ、飲酒運転などで事故を起こした時などには一切支給されません。

 

自損事故保険は一度使用すると、等級が3階級下がってしまいますので、ちょっとした怪我で治療費をまかなおうと思って使用したりすると、結果的に保険料が上がってしまい、トータル的には治療費よりも高く支払うようになってしまうこともありますので、注意が必要です。


自分のための自損事故傷害保険関連ページ

自賠責保険とは
自賠責保険について分かりやすく解説しています。
任意保険とは
任意保険の特徴や内容についてまとめていますので参考にしてみてください。
対人事故の対応の慰謝料について
自動車を運転していて、対人事故を起こした場合の保険について解説しています。
車保険 対物事故の補償金
事故を起こしたときに、相手が対物の場合の補償金などについて解説しています。
人身傷害保険の賠償金
人身事故に適用される人身傷害保険の賠償金について紹介しています。
無保険車に事故を起こされたら無保険車傷害保険がおすめです。
無保険車に事故を起こされた場合には、無保険車傷害保険に加入していれば保険がおります。
同乗者に支払われる搭乗者傷害保険について
事故を起こしたときに同乗者に支払われる搭乗者障害保険について解説しています。
車両保険なら盗難や当て逃げされても保証されます
事故は相手を傷つけるだけでなく、自分の車も傷を付けてしまいます。そんな時車両保険に入っていれば補償金が支払われます。
ロードサービス
最近の自動車保険には、故障やバッテリーが上がったときなどに、現場にかけつけてくれるロードサービスが付いていることが多いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ