無保険車

無保険車に事故を起こされたら無保険車傷害保険がおすめです。

無保険車傷害保険について

車の任意保険に加入するということは非常に大切ではあるのですが、現状として実際に走行している車・運転手の約15%以上は任意の自動車保険に加入していないようなのです。
そうなると、万が一自分がそういった人と運悪く事故を起こしてしまった場合、賠償される金額というのは自賠責保険からの補償だけになります。
自賠責保険の上限は決められており、死亡の場合は3,000万円、後遺障害の場合は4,000万円までとなっています。

 

亡くなってしまって、3,000万円で、と言われてしまっても納得がいくわけがありません。
訴訟を起こせば、当然賠償金を請求することはできます。ですが、相手がそれを払えるだけの能力がなければ実際に受け取る事は難しいでしょう。
そういった場合に、相手が保険に加入していなくても保険金が貰えるのが無保険車傷害保険です。

 

相手が悪いのに、自分がかけていた保険から支払われるというのも納得がいきませんが、それでも受け取れないよりはマシです。
ただ、無保険車傷害保険が適用されるのは、死亡した場合や後遺障害が残ってしまったという場合のみで、完治する程度の怪我であれば、対象外になってしまいます。

 

もちろん自賠責保険から120万円までは支給されますので、それ以上の場合は補償されません。
この無保険車傷害保険は、なにも相手が保険に加入していない場合だけではありません。
任意保険には加入していても、加入条件とは異なっているという場合、ひき逃げなどにより、加害者がわからないという場合なども対象になります。
また対人保険にも加入していても必要な賠償額に満たない場合なども支払われます。


無保険車に事故を起こされたら無保険車傷害保険がおすめです。関連ページ

自賠責保険とは
自賠責保険について分かりやすく解説しています。
任意保険とは
任意保険の特徴や内容についてまとめていますので参考にしてみてください。
対人事故の対応の慰謝料について
自動車を運転していて、対人事故を起こした場合の保険について解説しています。
車保険 対物事故の補償金
事故を起こしたときに、相手が対物の場合の補償金などについて解説しています。
人身傷害保険の賠償金
人身事故に適用される人身傷害保険の賠償金について紹介しています。
同乗者に支払われる搭乗者傷害保険について
事故を起こしたときに同乗者に支払われる搭乗者障害保険について解説しています。
車両保険なら盗難や当て逃げされても保証されます
事故は相手を傷つけるだけでなく、自分の車も傷を付けてしまいます。そんな時車両保険に入っていれば補償金が支払われます。
自分のための自損事故傷害保険
自動車保険は相手に保証するためではなく、自分のための自損事故障害保険なら自分に保証されます。
ロードサービス
最近の自動車保険には、故障やバッテリーが上がったときなどに、現場にかけつけてくれるロードサービスが付いていることが多いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ