対物事故 補償金

車保険 対物事故の補償金

対物事故の補償金について

交通事故を起こしてしまうという場合、何も人だけにぶつかるわけではありません。
車同士の事故でも相手の車を壊してしまうことにもなりますし、たとえ相手がいなくてもガードレールにぶつかった、となりの家の壁を傷つけた、どこかの店に突っ込んでしまったなんてこともあるのです。

 

保険には、車に乗っている誰もが加入を義務付けられている自賠責保険がありますが、この自賠責保険は、人に対しての保険であり、物に対しての補償はありません。

 

 

そのため、これらの物に対して補償するためには、任意保険の対物賠償保険に加入しておかなければいけません。
この対物保険はいくらに加入したらいいのかというのは、人それぞれの考え方によります。
当然補償金額を高く設定すれば、毎年支払わなければいけなくなる保険料も高くなります。
考え方としては、交通事故でどれだけの物に対しての補償が必要になるかというところです。

 

相手の車を補償するという場合なら、よほど買ったばかりの高級車でない限り、高くても4、500万円もあれば十分でしょう。
また他人の家にぶつけてしまったといっても、家を建て替えるほどではないですし、あってもガラスを割ったり、壁を壊してしまったりする程度で、こちらもそれほどかかるものではありません。
そのため4、500万円程度の補償でもいいのでは?と思うかもしれません。
ですが相手によっては、それが営業で使用する車で、事故により営業できなくなった、店舗を壊したということになれば、修理する間仕事ができなくなります。
そういったことを考えると最低でも1,000万円は加入しておきたいところでしょう。


車保険 対物事故の補償金関連ページ

自賠責保険とは
自賠責保険について分かりやすく解説しています。
任意保険とは
任意保険の特徴や内容についてまとめていますので参考にしてみてください。
対人事故の対応の慰謝料について
自動車を運転していて、対人事故を起こした場合の保険について解説しています。
人身傷害保険の賠償金
人身事故に適用される人身傷害保険の賠償金について紹介しています。
無保険車に事故を起こされたら無保険車傷害保険がおすめです。
無保険車に事故を起こされた場合には、無保険車傷害保険に加入していれば保険がおります。
同乗者に支払われる搭乗者傷害保険について
事故を起こしたときに同乗者に支払われる搭乗者障害保険について解説しています。
車両保険なら盗難や当て逃げされても保証されます
事故は相手を傷つけるだけでなく、自分の車も傷を付けてしまいます。そんな時車両保険に入っていれば補償金が支払われます。
自分のための自損事故傷害保険
自動車保険は相手に保証するためではなく、自分のための自損事故障害保険なら自分に保証されます。
ロードサービス
最近の自動車保険には、故障やバッテリーが上がったときなどに、現場にかけつけてくれるロードサービスが付いていることが多いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ