搭乗者傷害保険

同乗者に支払われる搭乗者傷害保険について

同乗者に支払われる搭乗者傷害保険について

自分が運転している車で怪我や死亡をしてしまうというのは自分や相手だけではありません。
自分の車に一緒に同乗していた人も被害を受けるのです。
そういった同乗者に対して支払われる保険が搭乗者傷害保険です。

 

助手席に乗っている人はもちろん、後部座席に乗っていて怪我をしたという場合にも対象になります。
ただ、気をつけなければいけないのが、あくまで『正規の乗車用構造装置のある場所に搭乗中の者』ということです。

 

暴走族のように、車から乗り出して乗っていて落下して怪我をした、違法な走行をしている最中に怪我をしたというのであれば補償される事はありません。

 

またトラックなどの荷台に乗っていて怪我をしたという場合にも当然補償されないのです。
また、たとえ十分な搭乗者傷害保険に加入していたとしても、飲酒運転などにより事故を起こし同乗者が怪我をしてしまった場合には補償されないのです。

 

搭乗者傷害保険の特徴として、自分に過失がある場合でも同乗者は補償されます。
一般的に保険を使用すると等級が下がり、毎年の保険料が上がってしまうという事がありますが、搭乗者傷害保険の場合は、保険を使用しても等級が下がらないのです。
よく、加害者からの保険で同乗者の慰謝料・治療費などは支払われるから、自分の保険は使わないという人がいます。
ですが搭乗者傷害保険に関しては、等級が下がるわけでもないので、支払われる、支払われないということは別にしても、とりあえず請求してみてもいいでしょう。


同乗者に支払われる搭乗者傷害保険について関連ページ

自賠責保険とは
自賠責保険について分かりやすく解説しています。
任意保険とは
任意保険の特徴や内容についてまとめていますので参考にしてみてください。
対人事故の対応の慰謝料について
自動車を運転していて、対人事故を起こした場合の保険について解説しています。
車保険 対物事故の補償金
事故を起こしたときに、相手が対物の場合の補償金などについて解説しています。
人身傷害保険の賠償金
人身事故に適用される人身傷害保険の賠償金について紹介しています。
無保険車に事故を起こされたら無保険車傷害保険がおすめです。
無保険車に事故を起こされた場合には、無保険車傷害保険に加入していれば保険がおります。
車両保険なら盗難や当て逃げされても保証されます
事故は相手を傷つけるだけでなく、自分の車も傷を付けてしまいます。そんな時車両保険に入っていれば補償金が支払われます。
自分のための自損事故傷害保険
自動車保険は相手に保証するためではなく、自分のための自損事故障害保険なら自分に保証されます。
ロードサービス
最近の自動車保険には、故障やバッテリーが上がったときなどに、現場にかけつけてくれるロードサービスが付いていることが多いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ