運転免許は信頼できるのか

運転免許は信頼できるのか

運転免許は信頼できるのか

車を運転して、前を走っている車が急にギアをバックに入れ、逆走をしだしたとしたら危険極まりないし、怖くて車には乗れなくなる。
つまりは、そういうことをしないという前提で運転は行われ、お互いの運転者が安心感を持って車を運転している。
とはいえ、他者の運転技術は信頼に足りないという現実が、そこにある。

 

だから減ったといっても年間6,000人、月に500人が交通事故で死亡しているし、交通事故による負傷者は年間で数万人は生まれている。
つまりは、他者の運転技術は信頼に足りないという現実が、そこにある。

 

隣を走っていたり、前から来る車の運転手が無免許だったり、自殺の願望者だったり、状況を読めない愚か者だったりしても、すれ違っただけでそれを認識することはできない。
運転者に保険が介在する理由がそこにある。
ましてや暴走族という死をも恐れないことを自慢する愚か者が混在する一般道を保険なしで走ることは、素手でヤクザ軍団に飛び込んでいくのと同じ…。

暴走族にも保険金…?

暴走族が真っ昼間から仕事を放棄して走ることは少ない。
別に周囲に配慮しているわけではなく、単に稼ぎが少ないから時間に自由が効かない、仲間がいないと楽しくないから深夜にツルむしかないという理由による。

 

単独行動は怖いのだ、束になっていればどんな運転でも許される、それが危険であるほど、伝説になるかも知れない…。
そんな愚かな考えしか持てないから、暴走族なのだ。

 

社会に対する影響、迷惑なんぞ考えず、自己の欲望の赴くまま。
それでガードレールに突っ込んで死ぬのは自由だが、それでも強制保険は支払われる。
任意なら、そこにより偶然性や他の要因を探し、高い保険金が払われる。
それが暴走族であっても保険がそういうものであれば、金は支払われる。

 

だが関係ない事故に巻き込まれた被害者の、その人生にはどう責任を取る。
前途有望な大学生、モデルになれる女子高生、可能性に満ちた児童や生徒の未来、子供の未来に人生を賭けた親の生命を奪って、保証ができるか。

運転免許は信頼できるのか関連ページ

自動車保険についての検証
自動車保険の検証について解説しています。
本質について
自動車運転の本質について解説しています。
信頼の法則を知ることから
信頼の法則という道路交通法について解説しています。
運転免許に保証はない
女性と自動車の運転について解説しています。
暴走族と、酔っ払い運転と…
暴走族と、酔っ払い運転について解説しています。
プロのドライバーとアマチュアの違いについて
プロのドライバーとアマチュアの違いについて解説しています。
遵法精神で交通事故は減らない
遵法精神で交通事故は減らないについて解説しています。
遵法精神の矛盾
遵法精神の矛盾について解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ