信頼の法則を知ることから

信頼の法則を知ることから

信頼の法則を知ることから

信頼の法則、という道路交通法上の認識がある。
例えば車はすべて左側で、歩行者は右側という常識で日本は動いているが、その常識を日本人なら誰もが知っている。
とはいえ、世界には車が右側という国も少なくなく、それぞれのお国事情で法の細部は変わっている。車を運転していて、隣りや前を走る車の運転手が、無謀な運転はしないだろうという信頼関係の元で、運転が遂行されている。
だからスムーズな運行ができるだろうという根拠に基づいている。

 

それが信頼の法則だ。
その信頼に足る技術という根拠が、運転免許なのだ。
運転免許を取る際の学習過程でスムーズな運行という常識を習うのだが、教習所の仮免の車の運転を見ていると、スムーズよりは安全に重きが置かれている。
経験のなさから、そこにスムーズという価値観は失われている。
自分の車さえ安全ならという価値観で、全体を見直すという認識はなくても、仮免の試験には受かる。街を走る過程でそれを修得していくという現実。

信頼の法則を知ることから関連ページ

自動車保険についての検証
自動車保険の検証について解説しています。
本質について
自動車運転の本質について解説しています。
運転免許は信頼できるのか
運転免許は信頼できるのかできないのかについて解説しています。
運転免許に保証はない
女性と自動車の運転について解説しています。
暴走族と、酔っ払い運転と…
暴走族と、酔っ払い運転について解説しています。
プロのドライバーとアマチュアの違いについて
プロのドライバーとアマチュアの違いについて解説しています。
遵法精神で交通事故は減らない
遵法精神で交通事故は減らないについて解説しています。
遵法精神の矛盾
遵法精神の矛盾について解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ