無保険車 事故

事故の相手が保険に入っていなかったら

事故の相手が保険に入っていなかったら

交通事故というのは、自分の不注意で起こすこともありますが、こちらには全く非が無いのに事故に巻き込まれてしまうということがあります。
その場合、車の修理代だけでなく、怪我での入院費用、死亡や後遺障害が残った場合などにも慰謝料などが相手が加入している保険会社から支払われます。

 

ですが、それは相手が十分な任意保険に加入している場合です。
『みんな任意保険には加入しているのだから問題ないだろう』と思うかもしれません。

 

 

ですが、現実問題として、全ての人が任意保険に加入しているわけではありません。
しかも不景気の昨今、毎月の保険料がもったいないからといって、加入しない人もいるのです。
実にその割合は全体の15%以上にも上るようです。

ということは、6〜7回事故を起こしたら、そのうちの1回は任意保険に加入していない人に当たってしまうということになります。

 

ちょっとした事故であるならば、国で加入が義務づけられている自賠責保険からも補償されます。
ですが自賠責保険は補償の制限があり、1人につき死亡の場合は3,000万円、後遺障害が残ると75〜4,000万円程度です。
実際、亡くなってしまい3,000万円程度では十分ではありません。

 

ただ、加害者側には不足分は請求することができます。
訴訟を起こせば、加害者には支払い義務が出てきます。
もちろん、加害者側が支払える能力がある人はいいですが、ほとんどの場合は無理でしょう。
毎年の保険料すら支払わないような人ですから、支払い能力が無いと思うのが一般的です。
そうなると、いくら請求しても支払ってもらえないのです。
そういう場合には、こちら側で無保険車傷害保険に加入していれば、そちらから補償されます。
最近は保険に加入していない人が増えていますから、これからはそういう任意保険にも加入していた方がいいかもしれません。


事故の相手が保険に入っていなかったら関連ページ

更新が遅れたら
自動車保険の更新をうっかり忘れていたなどして、遅れた場合の対応について紹介しています。
保険金はどれだけおりる
保険金がどれくらいおりるのか過去の例を参考に解説しています。
保険の中断ができる
自動車保険には契約を中断できるシステムがあります。以前の等級が引き継がれるので利用した方がお得です。
さまざまな特約がある自動車保険
自動車保険には対人や対物以外にも特約というオプションみたいなものがあります。その特約について解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ