保険 金額

保険金はどれだけおりる

過去の例の保険金

任意保険に加入していれば、万が一事故を起こしたとしてもすべて保険でまかなえるから安心というわけではありません。
加入する保険によって対象外になる場合もあるのです。
そしてたとえ対象になる場合でも、支払いの上限がある場合もあります。

 

一番重要だと言われているのが対人賠償保険で、こちらは被害者によって賠償金額が変わってくるのです。
例えば、年収3,000万円もあり、妻子もあるという若い男性を死亡・または後遺障害が残ってしまうような事故を起こしてしまえば、自賠責保険で支払われる3,000万円(死亡の場合)、4,000万円(後遺障害の場合の上限)では到底賄いきれません。

 

これまでの高額支払いがあったケースでは、3億円以上の損害賠償を請求される事もあります。
これは高収入の人だけでなく、女子高生が後遺障害を残してしまった場合にも3億円以上というのがあります。
そのため対人保険だけは無制限にしておくことが大切です。

 

対物も無制限の方がいいです。

一般的に車や建物などを壊してしまった場合は1,000万円もあれば十分すぎるでしょう。
ですが、営業用の車やトラックと交通事故を起こした場合には、その営業負債分も負わなければいけません。
過去の例では、電車などで1億円以上、洋服などの積み荷があるトラックなどで2億円以上というケースもあるのです。
とはいうものの、実際、そういうケースは稀と言えば稀ですので、多くの人は1,000万円程度に加入している人が多いようです。

 

また車両保険は自分の車の対しての保険ですが、これに関して言えば、その車の価値が基本となります。
そのため中古で購入した10万円の車に車両保険を毎年2万円をかけても、最大で10万円しかおりませんから、余りメリットはありません。
高級車に乗っている場合などには加入しておいた方がいいでしょう。


保険金はどれだけおりる関連ページ

事故の相手が保険に入っていなかったら
最近は任意保険に加入していないドライバーが増えています。もし、そんな相手に事故を起こされたら充分な保険料が支払えてもらえません。そんなときのために無保険車傷害保険に加入ましょう。
更新が遅れたら
自動車保険の更新をうっかり忘れていたなどして、遅れた場合の対応について紹介しています。
保険の中断ができる
自動車保険には契約を中断できるシステムがあります。以前の等級が引き継がれるので利用した方がお得です。
さまざまな特約がある自動車保険
自動車保険には対人や対物以外にも特約というオプションみたいなものがあります。その特約について解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ